どらどらどんの黒い砂漠

オンラインゲーム黒い砂漠をツバキとウォーリアで楽しむ人のブログです

広告ヘッダー

ウォーリア

ウォーリアのスキル振りpart1

2016/08/28

私の使っているウォーリアー(56レベル)のスキル振りを紹介しようと思います。ただウォーリアーは使いやすいスキル使いににくいスキルっていうのがかなりはっきりしてる職ですし、振り方に悩む人もすくないんじゃないかと思います。だけど私はこんなスキル振りでやってるよっていうのを小ネタを少し交えながら紹介します。(対人は全くしないのでスキルの感想等は狩りでのものになります)

剣術修練10(自動取得):通常攻撃。微量の闘志回復がついてますがダメージがとても低いので戦闘に使うことはほとんどないです。

トワイライトスカー:ウォーリアの花形スキル、取得できる37レベルになったら真っ先に覚えてほしいスキル。大ダメージ+広範囲+クリティカル100%+前方ガード+防御力上昇+闘志回復と文句なしに強力なスキルです。ダウンアタックがあるのでダウンする敵にはまずダウンさせてから、しない敵には後ろに回ってバックアタックを狙うとダメージが更にあがります。

アドバンスソード4:攻撃して闘志を回復したい時や倒しきれなかった敵を倒すのに使います。闘志回復の効果は1打撃毎の量なので45回復します。ダウンアタックがついてるスキルなのでダウンしてる敵に対してダメージがあがります。

極・アドバンスソード:ゲーム内の説明だとわかりにくいですが、このスキルの効果は「色々なスキルをアドバンスソードでキャンセルできるようになり、その際に発生速度が上昇して前進距離が伸びたアドバンスソードが発動する」(これもわかりづらいですかね)といったものです。アドバンスソードは右から振りかぶって攻撃→左から振りかぶって攻撃を繰り返しますが、この効果は最初の右から振りかぶる攻撃にしか適用されません。このスキルを連続でだすと通常版を使い続けるよりも素早く攻撃できたり、重量オーバーしているときの移動手段に使えたりします。オススメのやり方は「通常攻撃の出かかりを極・アドバンソードでキャンセルして出す」のを繰り返す方法です、左クリックをおしっぱでWを適当な間隔で押せばできます。(重量オーバーで攻撃速度を落とすとタイミングが掴みやすいと思います)

回転斬り4:主にトワイライトスカーが使用できないときに使ってます。56レベルになって覚醒スキルが使えるようになってからは使用頻度が大分減りましたが、55レベルまでは主力級としてたくさん使っていました。黒い精霊の怒り対応スキルで、その場合は広範囲+高火力+スタン付きと文句のつけようがない性能になります。ガードの直後にコマンドでだすと発生速度が上がるので、私は普段からコマンドで出すようにしています。

スライジングダイブ:回転斬りをコマンドで出してコマンドを押しっぱなしにしたままにしていると発動します。前進するのと、回転斬りに比べて消費闘志が低いのが特徴です。あとは攻撃方向が回転斬り時に固定されてしまっているので、このスキル発動時にカメラを回しても向きを変えられないのが欠点です。

極・回転斬り:回転斬り後に発生速度が上昇した回転斬りをするスキルです。クールタイムはありますが消費闘志0で使えるのでとっておいて損はないと思います。

長くなってきたので続きは次回に

-ウォーリア
-,